赤穂民報

メニュー 検索

路地の「懐かしさと温かさ」写真で表現

2021年09月28日

  • 武本冨重写真展「懐ー路地・裏通り・旧道ー」の展示作品の一つ

    武本冨重写真展「懐ー路地・裏通り・旧道ー」の展示作品の一つ

 全日本写真連盟兵庫県本部委員の元小学校長、武本冨重さん(80)=南宮町=が地方の下町を歩き、心に触れた風景をカメラに収めた写真展「懐(なつかし・ふところ)ー路地・裏通り・旧道ー」が姫路市本町の「イーグレひめじ」で9月28日(火)から始まる。

 幼少期を大阪の下町で過ごした武本さん。路地や裏通りは「自分の原点」といい、何気ない暮らしの一場面を被写体としてシャッターを切ってきた。2009年には「吾輩の散歩 路地の懐」と題して個展を開いた。

 本展ではここ10年余りの間に赤穂市内や県外で撮影したモノクロ作品約35点を展示する。路地でバドミントンをする親子、猫を抱えた女性など、そこに暮らす人たちの生活の息づかいが感じられる作品が並ぶ。武本さんは「時代の変化とともに薄れゆく懐かしさや温かさを感じてもらえれば」と話している。

 10月3日(日)まで地下1階で午前10時〜午後5時(初日のみ正午から)。武本さんが所属する全写連兵庫県本部の第40回記念姫路地区委員展、指導する支部の作品展も同時開催。


文化・歴史 ]

掲載紙面(PDF):

2021年10月2日号(2433号)3面 (9,824,391byte)


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要