赤穂民報

メニュー 検索

培った音楽の力 赤穂高校音楽部 実りの秋

2021年09月27日

  • 国際声楽コンクール東京に出場する赤穂高校音楽部。前列右は林義斗さん、同左は全日本高校声楽コンクールにも出場する横川温花さん

    国際声楽コンクール東京に出場する赤穂高校音楽部。前列右は林義斗さん、同左は全日本高校声楽コンクールにも出場する横川温花さん

  • 兵庫県高校独唱独奏コンクールで赤穂高校から35年ぶりに最優秀賞に輝いた横川温花さん

    兵庫県高校独唱独奏コンクールで赤穂高校から35年ぶりに最優秀賞に輝いた横川温花さん

 10月4日(月)に東京都清瀬市で開幕する「第1回国際声楽コンクール東京」に赤穂高校音楽部から個人・団体合わせて3部門の出場が決まった。また、「声楽の甲子園」と呼ばれる「第75回瀧廉太郎記念全日本高校声楽コンクール」(10月15〜17日、大分県竹田市)には同校から35年ぶりとなる出場が決定した。

 国際声楽コンクール東京には、部員全員で挑んだ「高校生アンサンブル部門」、3年の林義斗さん(18)が「高校3年・卒業生部門、2年の横川温花(はるか)さん(17)が「高校1・2年生部門」で予選を通過した。横川さんは8月18日にあった兵庫県高校独唱独奏コンクールの独唱部門で同校では1986年度の金谷美知子さん以来2人目となる最優秀賞に輝き、全日本大会への切符を獲得した。

 同部は今年度「パワー・オブ・ミュージック〜明日につながる一歩〜」のスローガンを掲げ、チーム一丸で練習に励んできた。例年は8月で引退となる3年生もほとんどの部員が10月のコンクールを終えるまで活動を続行するという。バリトンの林さんは生まれもった重低音が持ち味。小4から声楽のレッスンを続ける横川さんは広い音域で美しいソプラノを響かせる。

 「地区予選は緊張して頭の中が真っ白だった。本選は自分の歌を届けたい」と林さん。将来はミュージカル俳優を夢見る横川さんは「人の心に伝わる歌を歌いたい」と抱負を話す。浅井智恵顧問は「コロナ禍の中、頑張って培ってきた力を出し切ってほしい」と教え子たちの晴れ舞台に期待している。


文化・歴史 ]

掲載紙面(PDF):

2021年10月2日号(2433号)1面 (9,824,391byte)


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要