赤穂民報

メニュー 検索

生誕400年記念講演会「思想の巨人 山鹿素行」

2021年10月02日

 江戸時代前期を代表する思想家で赤穂藩とも関わりの深かった山鹿素行(やまが・そこう、1622ー85)の生誕400年記念講演会が10月10日(日)、中広の赤穂市文化会館ハーモニーホールで開催される。

 中国四川省出身で日本と中国の歴史に詳しい評論家の石平氏(59)が「赤穂で活躍した思想の巨人 山鹿素行についてー」と題して講演する。同氏は著書『日本の心をつくった12人』で「山鹿素行こそが日本における儒学再生の最大の功労者」と評価している。

 赤穂山鹿素行研究会が主催。赤穂市制施行70周年記念協賛事業として赤穂市、赤穂市教育委員会が後援する。小ホールで午後1時から。無料。同会Tel46・5575


文化・歴史イベント ]

掲載紙面(PDF):

2021年10月2日号(2433号)1面 (9,824,391byte)


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要