赤穂民報

メニュー 検索

23日から「白いチョークの会」展

2021年09月22日

 赤穂市教職員美術グループ「白いチョークの会」(折方啓三会長)は第45回会員展を9月23日(木・祝)から中広の市立図書館で開く。

 市内中学校の美術家教師を中心に1976年結成。現在は退職者25人が在籍し、各自が自由な立場で技術向上に励んでいる。

 絵画、写真、工芸など各分野で会員20人が出品する。26日(日)まで1階ギャラリーで午前10時〜午後5時(初日は午後1時から、最終日は3時まで)。入場無料。出品者は次のみなさん。敬称略。

 ▽折方啓三▽八家淳▽入潮令子▽氏平源吾▽尾崎明美▽司波伸作▽額田一正▽根来貞美▽濱本哲也▽松田尚之▽有田次秀▽中土井一夫▽粟田和子▽妹岡實▽武本冨重▽釣禎之▽武本由美子▽河本京子▽目木かおり▽山本郁美


文化・歴史 ]


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要