赤穂民報

メニュー 検索

医療過誤で重度障害 同一医師で事故8件

2021年09月18日

  • 医療過誤が明らかになった赤穂市民病院

    医療過誤が明らかになった赤穂市民病院

 赤穂市民病院で昨年1月、脳神経外科の40代男性医師による手術を受けた患者が医師のミスにより、重度の後遺障害が残ったことが明らかになった。

 被害患者と家族は医師と市の不法行為と債務不履行責任を問うための民事訴訟を8月31日までに提起。同病院によると、この他にも同じ医師が関わった手術7件で医療事故が発生しており、中には手術後に死亡したものも含まれる。病院側は訴えがあった患者については医療過誤を認め、他7件については「手術が直接的原因になったとはいえない」(医療課)としている。

 訴状によると、医師は重い腰痛があった女性患者(当時74歳)に対し、腰椎の一部を切除する手術を執刀。ドリルで骨を切削中に硬膜を損傷し、露出した神経を切断した。女性は手術後、両足に重度の麻痺が生じるなどして自立での起立や歩行が不可能な状態となり、膀胱と直腸にも重い障害が生じた上、腰から足にかけて強い痛みとしびれが発生するようになったという。

 この医師は2019年7月に脳神経外科の常勤医師として同病院が採用。着任以降、関わった手術で予後が良好とはいえないケースが相次ぎ、医療事故報告書が提出された8件について外部有識者による検証の結果、女性患者に対する手術で医療過誤が認定された。同病院が7段階に区分する医療事故レベルで2番目に重大な「レベル4」(事故による障害が一生続く場合)に該当するという。

 医師は昨年3月に病院側から手術の執刀、侵襲的検査を禁止される処分を受け、先月末で同病院を退職した。今月から大阪市内の医療機関で救急医療センター医長として勤務している。

 患者の家族は「病院からは過失を認めた上で謝罪がありましたが、医師の反省が感じられないこと、医療従事者の方からの『示談せずに公にしてほしい』という要望等もあり、示談の提案は受け入れることが出来なかった」と悩んだ末の提訴だった胸中を明かし、「なぜ、もっと早い段階で医師の手術を止めてくれなかったのか」と悔しさをにじませた。

 同病院の医療安全対策マニュアルには、医療過誤によって死亡または障害が発生した場合は疑い例も含めて患者と家族に説明した上ですみやかに警察に届ける取り決めとなっている。患者と家族への説明や警察への届け出を行ったかどうかについて、同病院は赤穂民報の取材に、「訴訟案件となっているため、この事案に関わることは答えられない」とし、「訴訟対応については弁護士と協議中。患者に対しては今後も必要な医療行為を行い、最善を尽くすことに変わりはない」とした。


社会 ]

掲載紙面(PDF):

2021年9月18日号(2432号)1面 (6,853,355byte)


テイクアウトカタログ

コメント

この記事から1ヶ月以上が経ちましたが、こんな大きな医療過誤があったにもかかわらず、赤穂市民病院は記者会見すらしないのでしょうか。認めているなら普通はコメント出したり会見したりしませんか?

41 4

投稿:みつき 2021年10月24日


何故、これだけの医療事故をしておいて、実名は出さないのですか?実名公表するべきかと思います。

67 11

投稿:赤ずきん 2021年09月21日


 複数の方から赤穂市民病院の診療に関する体験談を投稿いただきましたが、もし事実でない内容を含む場合、関係者に迷惑がかかります。

 一つ目の投稿の繰り返しになりますが、その内容が事実かどうか赤穂民報では確認のしようがなく、非表示とさせていただいています。ご了承ください。

 なお、赤穂民報への情報提供や取材相談でしたら、下のフォームからご連絡先を入力の上ご連絡ください。

13 6

投稿:赤穂民報 2021年09月20日


市民病院、赤字続きですね。
こんな事例で、患者に敬遠され、更に赤字が増えるのではないかな?

しっかり精査し、対策取って改善されます様に願います。

34 5

投稿:赤字 2021年09月19日


1人の医師が8件もの事故を起こすまで手術禁止にしなかった病院の責任も重いと思います。レベル4の医療事故1件でも大騒ぎになって謝罪会見をする病院だってあるぐらいです。8件もの医療事故を起こして普通に退職して普通に再就職してるなんて有り得なくないですか?次の病院は赤穂市民病院で8件も事故を起こしていたことを知った上で雇ったんでしょうか?だとしたら怖すぎです!

97 8

投稿:まぁこ 2021年09月19日


こんなヒドイ事故・事件?が、目と鼻の先にある、赤穂市民病院で発生していたとは、未だに信じられない。しかも、「同一医師関与で事故8件」との見出しである。「尊い命を守り、健康の維持を手助け」するものである医療行為が過誤、過失により不幸な結果を招くことはあってはならない事であるが、繰返されることは絶対に許されない。そのために医療事故調査制度があり、再発防止につながる仕組みがある。その「医療安全対策マニュアル」が順守されていない、医療法違反の疑いがある。そもそも「医療事故報告書」は院内で作成される、担当者は上層部の意向を忖度?して客観性が疑われるケースが多い。今回も「医療従事者」の方から「示談にせずに公にしてほしい」という要望等があったとの記事内容である。内部からの告発と思われても仕方がないと思う。当該医師は先月末退職、今月から大阪市内の医療機関で救急医療センター医長として勤務している。人間性を疑う以前に、医師としての能力、資格、資質、コンピテンシーの欠如を疑いたい。彼は、なんのお咎めもなしに新しい職場、医療センター長として活躍できるのだろうか?コロナ禍で、医療従事者の疲弊、人材不足での採用活動は大変であると思われるが、担当者の責任は重大であり軽くなることはない。われらの赤穂市民病院にまた一つ汚点が付いた。残念である。

65 6

投稿:てんゆう 2021年09月18日


今回のコメント欄には特別に気を配られることを望みます。
ヒポクラテスの誓いを信じる一市民さんのコメントにある、本医師の人間性が悪いという意味合いの記述は、容認し難い発言です。記事には、患者家族が「医師に反省の色が見えなかった」とは書いてあるものの、本記事ではあくまで医療技術と医療過誤の連関を示唆する事実しか書かれていないと思うので、このような本医師
とその先の就職先をも否定するようなコメントは名誉毀損に当たると思います。よく吟味されて表示の是非を決めて頂きたいです。

31 70

投稿:赤穂民放さんへ 2021年09月18日


良識のある赤穂市民病院スタッフの方々から噂話は聞いていましたが、まだまだ氷山の一角ではないでしょうか・・・。重い後遺症が残ってしまった患者の皆さんは本当にかわいそうだと思います。閉鎖病棟があるのに何億円もの血税を使って無駄な建物を建てたり、超高額なPET検査をあっさり導入したりなど、赤字経営を平気で続けているその”感覚”も信じられません・・・。赤穂市にはこの事故を徹底的に検証していただき、私たちの大事な血税と、赤穂市民の大切な命を食い物にされないようにしていただきたいです。

68 15

投稿:あこう花子 2021年09月18日


脳神経外科医による医療ミス、8件に関わり、そのは医師は退職(懲戒免職ではなく)し、なんと大阪の医療センターの救急医療センター医長として勤務とあります。恐ろしいことです。医師になる前に問われるべき問題を抱えた人間を雇用した赤穂市民病院の責任は当然厳しく問われるべきですし、その医師が次の医療センターに勤務する場合、生命に関わる職務につく医師の技術だけでなく、人間性等について、その医師の前勤務先が伝えるべき責任はないのでしょうか。本当に怖い事件だと思います。その医師の名前は、今時、すぐにわかりました。被害者の方々はどういう思いでおられるのか心が痛みます。

78 11

投稿:ヒポクラテスの誓いを信じる一市民 2021年09月18日


 体験談を投稿いただいた方がありますが、その内容が事実かどうか赤穂民報では確認のしようがなく、非表示とさせていただいています。ご了承ください。

21 18

投稿:赤穂民報 2021年09月18日


※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要