赤穂民報

メニュー 検索

市内景気動向 4期連続で復調

2021年09月04日

 赤穂商工会議所は2021年4〜6月期の景気動向調査結果(120事業所中81社が回答)をこのほど公表。売上DIは4期連続で改善し、新型コロナウイルス感染症の影響に耐えながら回復の道をたどっている様子がうかがえる。

 売上DIは「増加・好転」と回答した割合から「減少・悪化」と答えた割合を引いた数値で、1年前の2020年4〜6月期に過去最悪のマイナス109・3を記録した。

 今期はマイナス43・2で前期(マイナス77・1)から33・9ポイント上昇。3度目の緊急事態宣言(4月25日〜6月20日)が重なった中、見通しを下回ったものの回復傾向は継続した。6つの産業別では89・3ポイント上昇したサービス業を筆頭に製造業、小売業、建設業、不動産・運輸業が改善した一方、卸売業は悪化した。

 来期見通しはマイナス27・2で、さらに改善を予測している。


商業・経済 ]

掲載紙面(PDF):

2021年9月4日号(2430号)1面 (7,932,119byte)


テイクアウトカタログ

コメント

飲食以外の商売ですが、一向に景気が上向いている感じが無いのですが・・・

地域応援券も思ったほど 利用して頂けませんし、まわりの話を聞くと やはり 食料品での利用が多いのですかね・・・

1 2

投稿:零細企業経営者 2021年09月04日


景気が良くなったと回答した事業者は小規模のサービス業で固定経費が元々少ないのにも関わらず一律の給付金を貰ってるからだと思う。今だと40,000〜給付金が貰えるが元々その売上がないのにそれを受けとればそりゃ景気も良くなりますね!
小規模事業者は抜きにして売上だけ考えると昨年同様かそれ以下に売上は減少してると思いますよ

8 3

投稿:飲食業 2021年09月04日


※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要