赤穂民報

メニュー 検索

赤穂の昔話・第28話「猫岩の狐」

2021年07月31日

  • 切り絵・村杉創夢

    切り絵・村杉創夢

 有年の放亀と呼ばれるところに猫の姿に似た大きな岩があり、誰かれなく、猫岩と呼んでいました。
 岩の底には、人の腕ぐらいの鰻が住んでいるとか、河童が住んでいるとか、言われていました。その付近は、子どもたちの水遊びや魚とりによい場所で、毎日毎日集まって遊んでいました。
 夏の日の午後のことです。猫岩の上に見たこともない女の人が、頭に白い布をかぶり、白い着物を着てうずくまり、異様な目つきで、じっと子どもたちの方を見ているのです。
 「こらっ、おまはんだれなあ」
と、大きい子が声をかけると、その女の人はスーッと立ち上がりました。真っ白い花嫁衣裳の姿です。そして静かに猫岩の上を川に向かって歩き出しました。
 「キャーッ、こっちへ来よんがなあ。はよう逃げえ」
 子どもたちは着物をかかえて裸のまま逃げました。やっと堤防まで逃げ、後ろをふり向くと、猫岩の上にも川にも、白い着物の女の人の姿は見えません。子どもたちは、狐につままれたようで、ガタガタふるえています。
 「またどっからか来るぞ」
と、あわてて着物を着て、家にとんで帰りました。
 「川で遊びよったらなあ、猫岩に白い着物を着た女の人がおったんや。ほんまやで」
 それを聞いたおじいさんが、「ああ、あの猫岩はなあ、昔から、鹿や狐が山から水飲みに下りてくる、獣道なんじゃ。みんながおったんで、狐が女に化けて水を飲みに来たんやろ。ほんまに、いつまでも遊んどったらだまされて、山に連れて行かれるぞ。はよう帰らんとあかん、あかん」と話しました。
 それからというものは、猫岩に近づくものがいなくなり、子どもたちも早く家に帰るようになりました。(赤穂市教育委員会刊『赤穂の昔話 第二集』・「猫岩の狐」より)


赤穂の昔話 ]

掲載紙面(PDF):

2021年7月31日号(2426号)2面 (7,567,384byte)


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要