赤穂民報

メニュー 検索

カモもお米もすくすく育って

2021年07月18日

  • 園児たちが見守る中、水田を泳ぐアイガモ=有年幼稚園提供

    園児たちが見守る中、水田を泳ぐアイガモ=有年幼稚園提供

 アイガモを使った減農薬有機農法で御神米を栽培しようと、東有年八幡神社の斉田で16日、アイガモの「入田式」があり、先月のお田植え祭に参加した有年幼稚園の園児らが水田を元気に泳ぎ回る様子を見守った。
 アイガモは田んぼの雑草や害虫を食べるほか、ふんが肥料になる。水田を泳ぎ回ることで雑草が生えるのを防ぎ、化学肥料や除草剤を低減できるメリットがある。
 十数年前からアイガモ農法に取り組む宮下憲章宮司が幼鳥を10羽用意した。いずれも生後1か月ほどの食べ盛りという。
 園児らは、餌を探して素早く水田を泳ぎ回るアイガモたちを目で追いかけた。今後も散歩の途中に立ち寄ってアイガモと水稲の成長を見守る予定で、年長組の岩本純怜ちゃん(5)は「えさを食べているところがかわいい。カモちゃんもお米も大きくなって」と期待した。


子供街ネタ ]


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要