赤穂民報

メニュー 検索

路地や白壁 坂越の町並み風景画展

2021年07月07日

 坂越の町並みをテーマにした風景画展が加里屋のJR播州赤穂駅2階改札横ギャラリーで7月19日(月)まで開かれている。
 石畳みの路地、白壁や格子の伝統的建造物などをモチーフにしたB2またはB3サイズのアクリル画と水彩画計8点。関西福祉大学教育学部児童教育学科講師の金子美里さんが今年5月に坂越を歩いて目にした風景をソフトに描いた。
 金子さんは「どこを歩いても絵に描きたくなる街。住民の方々の景観への意識の高さ、まちなみへの愛情の深さを感じます」と坂越に関心を寄せている。


文化・歴史 ]

掲載紙面(PDF):

2021年7月10日号(2424号)3面 (9,184,263byte)


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要