赤穂民報

メニュー 検索

「忠臣蔵」演じた役者名鑑 2万人超収録

2021年06月05日

  • 名鑑『忠臣蔵と四谷怪談を演じた役者たち』を刊行した矢野圭吾さん

    名鑑『忠臣蔵と四谷怪談を演じた役者たち』を刊行した矢野圭吾さん

 近世から現代まで「忠臣蔵」と外伝を題材にした舞台芸術や放送作品の演者を網羅した名鑑『忠臣蔵と四谷怪談を演じた役者たち』を中浜町の矢野圭吾さん(74)がこのほど刊行した。
 A4判上下巻で計1582ページ。宝永5年(1708)に京都・亀屋座で上演された『福引閏正月(ふくびきうるうのしょうがつ)』から平成31年に国立劇場であった『御浜御殿綱豊卿(おはまごてんつなとよきょう)』まで延べ8901件の演目に出演した役者・俳優延べ2万0427人を五十音順で収録。名前、生没年、上演年月日、作品名と役名などを列記している。
 元赤穂市職員の矢野さんは市史編さん担当課長として30歳から28年間勤務し、『赤穂市史』の編集業務を担当した。続編の『忠臣蔵』(全7巻)の編さんの一環で忠臣蔵にまつわる芸能作品を調査。歌舞伎をはじめ喜劇やミュージカルなどの舞台芸術に映画、ドラマだけでなく劇中劇や海外のオペラまで丹念に調べた。新聞の文化欄やテレビ欄で「忠臣蔵」の文字を探すことが習慣となり、退職後もライフワークとして続けたという。
 市史続編の『忠臣蔵』は歌舞伎や映画などを作品年代別に掲載しているが、人名別に分類した書籍や資料は「これまではなかった」(矢野さん)という。刊行した名鑑なら役者ごとに出演作品を調べることができるため、実際の舞台では演じていない役柄を描いた「見立絵」を区別するのに役立つ。また、忠臣蔵関連作品に最も多く出演した役者(初代中村鴈治郎で172回)や、一人の役者が同じ日に2つの劇場を掛け持ちで出演している事例もわかったという。
 「長年取り組んできた証になれば」と2017年から出版に向けた準備に取りかかり、5年がかりで完成。矢野さんは「今後の『忠臣蔵』研究を進める一助になればうれしい」と話している。100セット刊行し、市立図書館などに寄贈。希望者に1セット2万3000円で頒布する。問い合わせはTel090・6325・6341


文化・歴史 ]

掲載紙面(PDF):

2021年6月5日号(2419号)2面 (6,435,561byte)


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要