赤穂民報

メニュー 検索

「電車のある風景」テーマに写真展

2021年05月16日

  • 武村晴人さん撮影「新幹線のお医者さん」

    武村晴人さん撮影「新幹線のお医者さん」

 「電車のある風景」をテーマにした写真展が5月20日(木)から中広の赤穂市立図書館で開かれる。
 写真愛好家サークル「写壇・あすなろ」(武村晴人会長)の第24回会員展。赤穂市内を走る赤穂線、山陽本線、新幹線の鉄道を構図に含む作品40点と自由作品37点を展示する。
 5月23日(日)まで1階ギャラリーで午前10時〜午後5時。出品者は次のみなさん。
 ▽大川礼子▽河部昌弘▽小谷和人▽斉藤国二雄▽佐々木英明▽武村晴人▽玉水久雄▽中尾善三▽中村寿伸▽西山昭子▽廣村典彦▽藤田治子▽前田幸雄▽水野世自正▽門光廣▽薮本英雄


文化・歴史 ]

掲載紙面(PDF):

2021年5月15日号(2416号)4面 (8,445,863byte)


コメント

山陽本線を走る寝台特急や貨物機関車。
黄色とピンクの新幹線。
車体も多様で田植の時期とか千種川の釣りなどの風景を絡めるとちょっとした絶景になります。
散歩がてらにお勧めです。

3 0

投稿:巣篭もり 2021年05月16日


※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要