赤穂民報

メニュー 検索

あふれる「赤穂愛」市民バンドがCD

2021年04月17日

  • 初のオリジナルソングCDをリリースした「おさきオサテン団」

    初のオリジナルソングCDをリリースした「おさきオサテン団」

 歌を通して地元の良さをPRする市民バンド「おさきオサテン団」(目木敏明代表)が初のオリジナルソングCD『塩のまち播州赤穂』をリリースした。
 表題曲をはじめとする10曲は、いずれも軽快なリズムで明るく親しみやすい曲調。メンバーたちは「CDをきっかけに子どもから大人まで我がまち赤穂を好きになってほしい」と願っている。
 尾崎地区の音楽好きが意気投合して2016年結成。地元の祭りに登場する鼻高をモチーフにしたキャラクター「オサテン」からバンド名を付けた。現在は自営業者や公務員など50〜70代の男女11人のメンバーが月2回公民館に集まって練習している。オリジナル曲には、子どもたちに人気の観光マスコット「陣たくん」を題材にした「打ち鳴らせ心の中の陣太鼓〜播州赤穂陣たくんの唄〜」、県下で一番低い山として知られる唐船山を歌った「みんなで歩こう赤穂〜唐船山をめざして〜」などがある。
 北前船寄港地に続き、「『日本第一の塩』を産したまち 播州赤穂」が日本遺産に認定されたことを記念し、ゆかりのある曲を中心にCDにまとめた。昨年12月と今年1月に市文化会館の練習室でレコーディング。尾崎の祭りと塩田を描いたレーベルは、メンバーでイラストレーターの益田美穂子さん(59)=清水町=がデザインした。
 「ぼくらおさきキャラクター〜尾崎の歴史を伝えるために〜」、「尾崎の頭人Yaiyeh!」の地元ソングのほか、北前船寄港地として栄えた坂越を歌った「この町から〜北前船に想いを馳せて〜」、巨岩を地域の名所にしようとする取り組みを盛り上げる「ふっくら福浦ビシャゴ岩音頭」など、尾崎地区以外のまちおこしへエールを送る曲も収録。作詞作曲を手掛けたボーカルの江端恭臣さん(60)=尾崎=は「そこに住んでいる人たちが地元を好きになれば、きっと良いまちになっていく、と願いを込めました」と楽曲への思いを語った。
 市の助成金に自己資金を加えて計300枚を作成。非売品で観光関係団体や市内の小・中学校と幼稚園、保育所などに寄贈した。赤穂市立図書館でレンタルできる。


文化・歴史街ネタ ]

掲載紙面(PDF):

2021年4月17日号(2413号)1面 (5,268,667byte)


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要