赤穂民報

メニュー 検索

ごみ出しも楽しく 収集所横に花壇

2021年04月14日

  • 東海地区で住民のみなさんが世話している花壇

    東海地区で住民のみなさんが世話している花壇

 御崎の東海地区で、ごみステーション横の花壇にチューリップやマリーゴールドなどが美しい花を咲かせ、地域の人たちの目を和ませている。
 近くに住む大田忠昭さん(79)の話では、かつて塩田の水尾だった跡に市が整備したコンクリート花壇(幅約1メートル、長さ約6メートル)で、以前植えられていたサツキが育たず、2011年から自治会が季節の花を植えるようになったという。
 年に2回、市から提供されるパンジーなどのほか、住民らがホームセンターなどで購入した種子や球根を植え替え、草抜きや水やりの世話をする。日々のごみ出しの度に咲き具合を見ることが、ささやかな喜びになっているという。
 同じような花壇が道路に沿ってあと4つあり、近所の人たちは「この間はスイセンがきれいでした。次はアジサイのつぼみが準備しています」と楽しみにしている。


街ネタ ]

掲載紙面(PDF):

2021年4月17日号(2413号)2面 (5,268,667byte)


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要