赤穂民報

メニュー 検索

つまずいた石掘ると…江戸期の地蔵仏出土

2021年02月06日

  • 寺役員がつまずいたきっかけで発掘された験行寺の石仏

    寺役員がつまずいたきっかけで発掘された験行寺の石仏

 有年横尾の験行寺で敷地内の地中から江戸期に作られたとみられる地蔵仏が出土した。地面に少しだけ露出していた石仏の上端に寺役員がつまずいたのが発見のきっかけだったという。
 同寺代表役員の金礪尊紀さん(64)=加里屋=は昨秋、寺周辺で山仕事をしていたとき、地面から数センチ突き出た石につま先が当たった。その石に何となく興味を感じ、周りの土を少し掘ってみた。
 現職の高校教諭の金礪さんは赤穂鉱物化石探査会の会長を務めるほど地質や鉱物に詳しい。石の状態を少し観察しただけで「これは人の手が加えられた石だ」と気付き、市教委に連絡した。
 情報提供を受けた市教委が先月下旬に発掘調査。地蔵菩薩を彫ったとみられる高さ40センチほどの石仏が手前左右の五輪塔とともに垂直に直立した状態で出土した。現場はかつて参道が通った山の斜面にあり、発掘を担当した山中良平学芸員は「斜面からの土砂が足元から少しずつ堆積していき、長い年月をかけて埋もれたのではないか。地中に埋まった石仏は倒れていることが多く、まつられた当時のままの状態で出土することは珍しい」と話した。
 石仏は錫杖を持ち、側面に文字とみられる線刻がある。形状や特徴から石仏の製作年代は江戸時代、五輪塔は鎌倉期の可能性もあるとみられ、市教委が詳しく調べている。
 これらの出土品は調査後に同寺に返還される。金礪さんは「文化財として大切に安置したい」と話している。


文化・歴史街ネタ ]

掲載紙面(PDF):

2021年2月6日号(2403号)1面 (10,926,494byte)


コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要