赤穂民報

メニュー 検索

「本と図書館の歴史」に学ぶ

2020年10月31日

  • 『本と図書館の歴史―ラクダの移動図書館から電子書籍まで』○文/モーリーン・サワ ○絵/ビル・スレイヴィン ○訳/宮木陽子、小谷正子 ○西村書店

    『本と図書館の歴史―ラクダの移動図書館から電子書籍まで』○文/モーリーン・サワ ○絵/ビル・スレイヴィン ○訳/宮木陽子、小谷正子 ○西村書店

 孫娘のために毎月絵本を借りに来てくれる老夫婦から「孫は、宿題もせずに絵本に熱中し、ママにしかられると、便所にこもって絵本を読み続けるのです。こんなことでいいのでしょうか」と尋ねられました。
 「小・中学校の頃に読んだ本は、人生の宝ですよ。いつかそれが大きな力になったり、心を癒すことがありますよ」と自分の体験を含めてお話しました。
 『本と図書館の歴史−ラクダの移動図書館から電子書籍まで』を手にし、「本」や「図書館」にまつわる数千年の歩みについて学びました。
 文学の誕生以前から、人間は、自分の思いをいろんなもので表現してきました。そのもとになるものが「本」であり、読書は「知恵の扉」であり、その大きな役割を果たしているのが「図書館」なのです。
 大英図書館のウェブサイトにログインすると、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』の手書き原稿が読める時代になりました。この絵本から、「本」って何? 「図書館」って何だろう、と考えてみるのもいいと思います。
 * * *
 『本と図書館の歴史―ラクダの移動図書館から電子書籍まで』○文/モーリーン・サワ○絵/ビル・スレイヴィン○訳/宮木陽子、小谷正子○西村書店


絵本で世界を旅しよう ]

掲載紙面(PDF):

2020年10月31日号(2390号)4面 (10,103,089byte)


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要