赤穂民報

メニュー 検索

大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存

2020年10月24日

  • 大正初期の祭礼行事を撮影した絵葉書の一枚=同博物館提供

    大正初期の祭礼行事を撮影した絵葉書の一枚=同博物館提供

  • 大正初期の祭礼行事を撮影した絵葉書。頭人行列が写っている。=同博物館提供

    大正初期の祭礼行事を撮影した絵葉書。頭人行列が写っている。=同博物館提供

  • 大正初期の祭礼行事を撮影した絵葉書。獅子舞が写っている=同博物館提供

    大正初期の祭礼行事を撮影した絵葉書。獅子舞が写っている=同博物館提供

  • 大正初期の祭礼行事を撮影した絵葉書。昭和30年代まであった大屋台が写っている=同博物館提供

    大正初期の祭礼行事を撮影した絵葉書。昭和30年代まであった大屋台が写っている=同博物館提供

  • 大正初期の赤穂八幡宮。大正4年に拝殿前に植えられたソテツが写っていないため、それより前に撮影されたことがわかる=同博物館提供

    大正初期の赤穂八幡宮。大正4年に拝殿前に植えられたソテツが写っていないため、それより前に撮影されたことがわかる=同博物館提供

  • 赤穂八幡宮の絵葉書の宛名面。専門家によると、「郵便はかき」の記載や仕切り線の位置から明治40年から大正6年の間に発行された形式だという。発行元は「大阪有心館」か

    赤穂八幡宮の絵葉書の宛名面。専門家によると、「郵便はかき」の記載や仕切り線の位置から明治40年から大正6年の間に発行された形式だという。発行元は「大阪有心館」か

 明治から昭和にかけての絵葉書資料を多数所蔵する國學院大學博物館に、大正初期に撮影された赤穂八幡宮の絵葉書5点が現存していることがわかった。
 うち4枚は秋祭りの「神幸式」の光景を撮したもので、境内を埋め尽くす見物客の間を祭礼の行列が繰り出す様子が写っている。画像を確認した中村良廣宮司(70)によると、初見の画像もあるといい、「今年の祭礼はコロナの影響で開催できなかったが、貴重な資料が見つかってありがたい」と話している。
 同博物館が所蔵する絵葉書資料には全国の神社や寺院、祭典や行事などが記録されており、同大学研究開発推進機構学術資料センターの研究事業として、2009年に開設したデジタル・ミュージアムで画像を順次公開している。八幡宮の絵葉書は、今年度、近畿・中国地方の資料公開を進める中で確認された。
 5枚の絵葉書(いずれも約9センチ×約14センチ)は活字の書体や宛名面のデザインなどから同時に発行されたものとみられる。「赤穂尾崎八幡神社」のタイトルの1枚は神社に向かって左斜め前から全景を撮影したもの。あと4枚は「赤穂尾崎八幡神社祭典」の件名で「其一」から「其四」まであり、頭人行列や獅子舞、神輿、昭和30年代まであった大屋台がそれぞれ写っている。境内は群衆で埋まり、地元の名士が見物したと伝えられる仮設の桟敷席も。5枚とも同神社の参拝記念スタンプが押印されている。
 撮影年代の記載はないが、中村宮司によれば、大正4年10月に拝殿前に植樹されたソテツが土台すら写っていない一方、同2年10月に改修したとの記録がある本殿屋根は葺き替えて間もない状態のように見える。また、宛名面は明治40年から大正6年の間に発行された形式であることから、「本殿屋根の新調に合わせて絵葉書を作ったのではないか」(中村宮司)と推測する。
 データベース化のプロジェクトを担当する同大学神道文化学部の黒崎浩行教授によると、八幡宮絵葉書資料は、近代神道史学研究の第一人者である宮地直一博士(1886―1949)が収集した資料の中にあったという。博物館から画像の提供を受けた中村宮司は「当時の祭りの盛大なにぎわいが伝わる。展示の機会を検討したい」と話している。


文化・歴史 ]

掲載紙面(PDF):

2020年10月24日号(2389号)1面 (4,519,018byte)


コメント

写真からみて、屋台の型式は、西播磨沿岸部に見られる網干型ではなく、妻鹿の喧嘩祭りなどの、飾磨型ですね。
屋台練りに特徴がある様です。
写真では、練り棒に人がさわっておらず、泥台を支えている様に見えます。飾磨の台場練りに似ていたのか?

1 0

投稿:屋台練り 2020年10月24日


 他の絵葉書画像もアップしました。

1 0

投稿:赤穂民報 2020年10月24日


他にある写真も見たいです

0 0

投稿:頭人 2020年10月24日


※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要