赤穂民報

メニュー 検索

ロボットで遠隔サービス 市が実証実験

2020年03月17日

  • 赤穂市が実証実験を行う分身ロボット「オリヒメ」

    赤穂市が実証実験を行う分身ロボット「オリヒメ」

 赤穂市は、遠隔操作可能なロボットを活用した行政サービスの実証実験を3月19日から22日にかけて市内各所で実施する。
 実験に使用するのは、カメラとマイク、スピーカーを搭載した分身ロボット「オリヒメ」(高さ23センチ)。専用アプリをダウンロードしたスマホやタブレットでインターネットを通じて会話できるほか、「うなずく」「手を振る」「拍手」など十数種類の動作を遠隔操作できる。
 開発したオリィ研究所(東京都港区)によると、2015年の量販化以降、企業のテレワークや入院児童への遠隔教育などに活用されているという。ロボットシステムに詳しい市政特別アドバイザーの長安成暉氏(21)が「人口減少が進む中、行政機能を維持していくための方策」として実証実験を提案した。
 19日に保健センターと在宅の妊婦をつないで健康相談を行い、20日にはJR有年駅の総合案内所に午前10時半から午後4時まで「オリヒメ」を設置し、遠隔で観光案内を実施する。また、22日に西有年大避神社で行う消防ポンプ自動車入魂式では牟礼正稔市長が市庁舎からロボットを通じて祝辞をスピーチする。
 「職員が現地にいなくても職務を果たせたり、市民が在宅のまま行政サービスを受けられたりできるので、効率性や利便性の向上が期待できるのでは」と長安氏。市は実証実験で得たデータをもとに、導入の効果や実現性を検討することにしている。


社会政治 ]

掲載紙面(PDF):

2020年3月20日号(2364号)1面 (5,572,181byte)


衆院選

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要