赤穂民報

メニュー 検索

坂越出身の久保さん 赤穂ハイツで水彩画展

2020年02月12日

  • 赤穂ハイツに新設された「海と風のギャラリー」で個展を開催中の久保則香さん

    赤穂ハイツに新設された「海と風のギャラリー」で個展を開催中の久保則香さん

 みずみずしく透き通るような色彩が美しい水彩画の個展が尾崎向山の赤穂ハイツ(南方英紀支配人)で開かれている。坂越出身の久保則香さん(66)=姫路市城見台=が風景画12点を出品している。
 50歳になる前に趣味の絵画を始め、絵の具を塗り重ねて微妙な色合いやにじみを生み出す透明水彩に魅せられたという久保さん。個展は3度目で、赤穂での開催は初めてという。
 石龕寺(丹波市山南町)の紅葉をモチーフにした「紅い陽ざし」、冬の神河町を描いた「雪川原」など、いずれも秋冬をテーマにした6号の風景画。「水に濡れている間に色を染めていく」という透明水彩ならではの繊細な画風が目を引く。
 2階多目的ホール前の壁面に今月新たに設けられた「海と風のギャラリー」で展示。4月ごろに春夏の風景を描いた作品に入れ替える。南方支配人は「今後も個人やグループなど作品発表の場としてスペースを提供したい」と話している。Tel48・8935


文化・歴史 ]

掲載紙面(PDF):

2020年2月22日号(2360号)4面 (7,147,262byte)


コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要