赤穂民報

メニュー 検索

「文化財防火デー」前に消防訓練

2020年01月26日

  • 「文化財防火デー」を前に赤穂城跡で行われた消防訓練

    「文化財防火デー」を前に赤穂城跡で行われた消防訓練

 上仮屋の国史跡・赤穂城跡で赤穂市消防本部による防火訓練がこのほどあり、職員25人が高所放水車などによる放水を訓練した。
 同本部は毎年「文化財防火デー」(1月26日)にちなみ、市内の建造物文化財の中から1か所を選んで訓練を実施している。
 この日の訓練は、「赤穂城跡本丸門二の門が炎上、一の門方向へ延焼拡大中」との想定で、ポンプ車やタンク車など車両6台を投入。けが人の救助や上空から火災現場を調査するためのドローン操縦についても手順を確認した。
 昨年はノートルダム大聖堂、首里城と文化財火災が相次いだ。河本憲昭消防長は「万が一のときには被害を最小限に抑えるべく、迅速な消火活動が求められる。消防技術の向上に努めるように」と訓示。訓練を見守った市教委の中田宗伯・文化財担当課長は「消火設備をしっかり点検して防火に取り組みたい」と話した。


社会文化・歴史 ]

掲載紙面(PDF):

2020年2月1日号(2358号)1面 (5,215,151byte)


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要