赤穂民報

メニュー 検索

創作昔話・仮屋の仏さま(一)

2019年01月02日

  •  

     

 むかしむかし、播磨の国、赤穂村にある大きな川「千種川」の河原に一本の細い道が続いていました。人が歩いたところが道になったというだけの細い道でした。
 どこから来たのか、ひとりの旅のお坊さんが、その雑草の茂った草むらの中にある石をじっと眺めていました。
 お坊さんは、長い時間、その石を前から、後ろから、そして、少し離れて見続けていました。(作・切り絵=村杉創夢)


赤穂の昔話 ]

掲載紙面(PDF):

2019年1月1日・第1部(2307号)4面 (8,714,445byte)


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要