赤穂民報

メニュー 検索

赤高生が倉敷で災害ボランティア

2018年08月11日

  • 山積みになった災害がれきを軽トラックに積み込む赤穂高校の生徒たち=同校提供

    山積みになった災害がれきを軽トラックに積み込む赤穂高校の生徒たち=同校提供

 西日本豪雨の被災地を支援しようと、赤穂高校の生徒有志が10日、倉敷市真備町で災害ボランティア活動に参加した。
 「生徒が災害復興支援に関わる機会を」と同校が「ひょうごボランタリープラザ」と共催。学校の呼び掛けに全日制17人、定時制6人の生徒が志願した。
 当日早朝に貸切バスで出発。午前10時ごろから現地での活動をスタートした。2階まで浸水した民家で、はがれ落ちた土壁や使えなくなってしまった家具を軽トラックに積み込むなど約4時間半にわたって活動。引率した教諭7人と市社会福祉協議会の職員1人も一緒に汗を流した。
 民家横のブドウ畑で土砂に埋もれたがれきを除去する作業に従事した定時制3年の金礪菜々子さん(18)=尾崎=は「大切に育てられたブドウの木がへし折れていて胸が痛んだ。少しでも早く元の生活を取り戻してほしい」と願った。高校卒業後に自衛隊への入隊を志望しているという全日制3年の福田征之君(17)=太子町=は「現地を自分の目で見て災害の恐ろしさを実感した。きょうのことを忘れない」と語った。
 山田潔校長は「きょうの経験を通して、人の痛みがわかる生徒になってくれることを期待している」と話した。


ボランティア ]

掲載紙面(PDF):

2018年8月25日(2290号)3面 (7,246,268byte)


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要