赤穂民報

メニュー 検索

赤穂民報川柳〔第四十六回〕 中田 守正・選

2018年01月20日

 
▽秀作
 一筋に生きて刻んだ鍬の襞
           山野 直正(尾 崎)
 【評】使い慣れた道具の手入れに目にした傷は我が身と共に歩んだ愛しい古傷。

▽佳作
 初春に挨拶紛う白い使者
           根木 和郎(折 方)
 法会会質素な服に面映ゆい
           井上みね子(加里屋)
 雪解けを待ちわびている車椅子
           村杉 正史(加里屋)


赤穂民報川柳 ]

関連サイト:

「赤穂民報川柳」応募フォーム

掲載紙面(PDF):

2018年1月20日(2263号)1面 (7,825,392byte)


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要