赤穂民報

メニュー 検索

赤穂民報川柳〔第四十一回〕 中田 守正・選

2017年08月12日

▽秀作
 何気無い言の葉ひとつ風に乗る
           大黒たまき(木 津)
 【評】ふと漏らした言葉が伝播し自分の身に戻ってくる。聞き流してくれたならの想い。

▽佳作
 見得を切るトンボ見事に宙返り
           村杉 正史(加里屋)
 ひとり言いってなぐさめ手術室
           大田 忠昭(御 崎)
 今日は雨明日は輝く二人旅
           榎本 徳博(西有年)


赤穂民報川柳 ]

関連サイト:

「赤穂民報川柳」応募フォーム

掲載紙面(PDF):

2017年8月12日(2242号)3面 (10,283,825byte)


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要