赤穂民報

メニュー 検索

《御崎メガソーラー問題》許可得ずに土地造成

2016年06月25日

  • 無許可で造成が行われた太陽光発電施設の建設工事現場

    無許可で造成が行われた太陽光発電施設の建設工事現場

 民間業者が赤穂市の許可を得て御崎の風致地区で進めているメガソーラー施設建設工事をめぐり、許可行為には含まれていないにも関わらず、業者が用地の造成を行い、先月中旬に市から指導を受けていたことがわかった。
 市は許可行為の追加手続きが完了するまでは建設工事の続行を認めない方針で、現在工事はストップしている。
 業者が許可なく造成したのは東海山の頂上一帯。元々は樹木が茂って起伏のある山だったが、現在はのっぺりした緩斜面に形状が変わり、たくさんの木杭が打ち込まれている。造成された用地の面積や高さは「測量してみないとわからない」(市都市整備課)という。
 市によると、5月上旬、重機で地面を工事している様子を見た住民から通報を受けて現地を確認したところ、「大掛かりな土地の形質変更」が認められたため、許可行為の追加手続きを申請するように文書で指導した。さらに、業者を呼び出し、手続きが完了するまでは工事を中断するように指導。業者は現場から重機を引き上げた。
 業者側は本計画について昨年7月に地元自治会役員に説明した際、「草木を刈り取った土地に支柱を差し込み、太陽光パネルを取り付ける」と説明し、「土地はさわらない」と明言。風致地区内建築規制条例に基づいて市に提出した許可申請書にも、「工作物の新築」「木竹の伐採」の2項目を記載し、造成については許可を求めていなかった。業者は「伐採跡をならしただけなので、許可は不要と思った」と市に弁解したという。
 市は許可行為の追加変更に必要な許可申請と同時に「事業の最終形を示す資料の提出」を5月末までに行うように業者に指導したが、その後、業者からの要望で6月末に期限を延長した。住民の中には、「市は一旦建設工事の許可を取り消し、業者に復旧を命じるべきだ」との意見もあるが、市は「許可の取り消しは難しい。今後も条例に基づいて指導していく」と話している。
 赤穂民報は23日、施工業者の「フジタ道路大阪支店」(大阪市北区)と、許可申請手続きを担当している「京電」(京都市西京区)に電話取材を求めたが、いずれも「担当者が不在」で回答を得られなかった。


社会 ]

掲載紙面(PDF):

2016年6月25日(2190号)1面 (11,001,520byte)


コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要