忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

赤穂市の人口 52年ぶり4万5千人台

 2022年08月06日 
 赤穂市は2022年3月末時点の人口統計をこのほどまとめ、総人口は4万5754人で20年連続の減少。世帯数は2万0504世帯で前年から微減した。

 統計によると、前年同時期と比べ、出生217人に対し死亡606人で自然増減は389人減、転入など984人に対し転出など1286人で社会増減は302人減で、全体では691人減少。人口増減率はマイナス1・51%で過去最大の減少率となった。

 市内9つの地区別では、前年の3999人から4026人に増加した坂越地区を除き、いずれも減少した。

 総人口が4万5千人台になったのは、4万5643人だった1970年以来52年ぶり。世代ごとの人口を当時と比較すると、15歳未満は1万1076人から5037人と半分以下に、「生産年齢」とされる15〜64歳は3万1164人から2万5368人になり約2割減少。一方、65歳以上は3627人から1万5349人に増加した。また、1万1346世帯だった世帯数は約1・8倍に増えた。

 * * *

 第一段落で「前年」が「前縁」となっていました。誤字を修正しました。(2022年8月13日午後2時10分)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年8月6日号(2472号) 3面 (11,565,029byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 秋の夜空彩ったサプライズ花火←子育て世代(10/01)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←移住者(10/01)
  • 秋の夜空彩ったサプライズ花火←はーちゃん(10/01)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合