忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. イベント商業・経済
  3. 記事詳細

鮮度に自信 朝採れトウモロコシの直売会

 2022年07月16日 
 新規就農を目指して2年前に赤穂に移住した若者2人が、初めての出荷品となるトウモロコシの朝採れ直売会を7月17日(日)、元町の旬彩蔵赤穂で開く。

トウモロコシの朝採れ直売会を始める榊原昂輝さん(左)と小川敬生さん


 直売会を開くのは、大津の小川敬生(としお)さん(29)=神戸市北区出身=と榊原昂輝(こうき)さん(30)=加古川市尾上町出身=。2人は兵庫県立農業大学校の同期で一旦は民間企業に就職したが、就農への夢を捨てきれず脱サラし、赤穂を開業の地に選んだ。

 地元農家から借りた休耕地にブドウとモモの若木を植え、2年がかりでハウスを設置した。しかし、収穫が可能になるのは早くても来年。「それまで収入がない」(小川さん)ためアルバイトをして生計をつないでいるといい、「少しでも収入を稼げれば」と空いている農地約15アールにトウモロコシを作付けた。

 今年4月から6月にかけて毎週500本ずつ植えたスイートコーンは順調に成長。畑のそばを流れる水路からポンプで水を汲み上げて雨不足を乗り越え、「糖度は18度くらい。初めてにしては、まずまずの出来になった」という。

 「できるだけ鮮度の高いものを食べてほしい」と食べ頃を迎えた株を選んで当日の早朝に収穫し、午前9時から正午まで約300本限定で販売する。一部は株のまま搬入し、もぎ取り体験(小学生以下限定、先着20組)を楽しんでもらうという。

 2人は「僕たちにとって初めてお客様に販売する商品です。お世話になった方々の期待に答えれるように、新鮮で美味しい食品をお届け出来るようがんばりたいです」と話している。

 朝採れ直売会はSサイズ(2本)200円、Mサイズ130円、Lサイズ150円。もぎ取り体験は1株150円。7月22日(金)、23日(土)にも開き、その後の開催日は未定。問い合わせはTel43・5150(旬彩蔵赤穂)。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年7月16日号(2470号) 4面 (10,721,393byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←中島くん(10/02)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←覆面居士(10/02)
  • 秋の夜空彩ったサプライズ花火←子育て世代(10/01)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合