忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会文化・歴史
  3. 記事詳細

通算入館者数30万人達成 旧坂越浦会所

 2022年06月09日 
 28年前から無料で一般公開されている赤穂市指定有形文化財の「旧坂越浦会所」で3日、通算入館者数が30万人に達したことを祝うセレモニーがあり、節目の入館者に花束と記念品が贈られた。

旧坂越浦会所の入館30万人達成を祝ったセレモニー=赤穂市提供


 市教育委員会文化財課によると、旧坂越浦会所は天保2年〜3年(1831〜32)に村会所として建築。赤穂藩の茶屋としての役割もあり、2階の一角は「観海楼」と呼ばれた藩主専用の部屋だった。1930年に改造されて坂越公会堂となったが、92年に市文化財の指定を受け、藩主が休憩や宿泊に利用した「御成の間」など建築当時の間取りを復元整備。94年に一般公開が始まった。

 30万人目の入館者になったのは、相生市旭の月岡昭子さん(78)。父の故武内雅虎さんは赤穂町と合併する前の坂越町で町長を務めた人物で、三女の月岡さんは子どものころ、公会堂だった旧坂越浦会所で開かれていた珠算教室に通った思い出があるという。

 故郷の坂越に来るたびに旧坂越浦会所を訪れているという月岡さんは「私にとって昔を懐かしめる場所です。人口減の中ですが、地元のみなさんが地域起こしを頑張ってくれているので、これからも地域の文化財としてあり続けてほしい」と語った。
 * * *
 「市教育委員会文化財課」が「市教育委員会文化祭課」になっていました。誤字を修正しました。(2022年6月11日10時15分)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年6月11日号(2465号) 3面 (12,599,577byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市民病院医療事故多発》スタッフから「ボイコット」後も手術←赤穂市民(10/04)
  • 《市民病院医療事故多発》スタッフから「ボイコット」後も手術←赤穂民報(10/04)
  • 《市民病院医療事故多発》スタッフから「ボイコット」後も手術←市民(10/04)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合