忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関福大リレーコラム・活動にある学習2〜キャンプ編〜

 2022年06月03日 
 「キャンプ」は近年のコロナ禍の影響を追い風とし、急速に愛好家が増えた趣味となりました。最近では、家族や友人、ボッチキャンプというそれぞれの方法に応じた装備が次々に商品化されています。


 私もキャンプの魅力に取りつかれてしまった一人です。何がそんなに駆り立てるのか、冷静になれない時がしばらくあり、とにかく野外で生きられるための装備を買い込む日々が続きました。

 キャンプの魅力は何か、友人らにも聞いて考えてみたところ、キャンプはどうやら活動にある学習が魅力であることが分かってきました。

 例えば、テントをどこに構えるか。これは最初のとても楽しい問題です。決め手となる条件は、風当り、日当たり、見晴らし、地面の平らさ、トイレまでの距離で、優先順位とのすり合わせが始まります。どの場所も多少のリスクはあるため、よりよい妥協点を探り決定します。

 また、装備品の準備によってキャンプの難易度を変えることができるのも魅力の一つです。装備を減らすことで、代用や工夫をせざるを得なくなり、時には、木を削ってその時に必要なものを作ります。準備の時点で難易度を決め、挑戦の度合いをイメージします。そこには湧き上がる意欲・叶えたいビジョンがあります。つまり、主体的以外の何ものでもない状況なのです。

 このようにキャンプは、工夫、代用、変化、調節、イメージなど様々な考え方や応用力を必要とします、と言うと大げさですが、本来の「生きる」とはそういうことだったと改めて実感できるのがキャンプです。物の豊富な中にいてはうまれない思考力や技能へのチャレンジがこの活動にある学習であると言えます。

 赤穂市近隣には、丸山県民キャンプ場、赤穂海浜公園キャンプ場、安室ダムキャンプ場などがあり、なにわナンバーや神戸ナンバーの車など遠方からくるキャンパーもたくさんいてホットスポットとなっています。

 次回は、活動にある学習3「アフォーダンス」です。(教育学部児童教育学科講師・金子美里)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年6月4日号(2464号) 3面 (9,638,423byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 牟礼氏が市政報告会「今後も市政運営したい」←赤穂民報(08/14)
  • 牟礼氏が市政報告会「今後も市政運営したい」←赤穂民報様(08/14)
  • 重症化リスク低い2〜59歳の有症状者に抗原検査キット←市民(08/14)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合