忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

2年ぶりに15分団集結 消防訓練

 2022年05月29日 
 消防ポンプの運用技術向上などを目的に赤穂市消防団(吉田清光団長)と消防本部の合同訓練が29日、北野中の千種川河川敷であり、複数のポンプ車を連結する中継送水を訓練した。

若手消防団員の育成に重点を置いて行われた放水訓練


 市内15の分団から約150人が各分団に配備されている消防ポンプ車で集結。5つの方面隊ごとにポンプ車3台をホースでつなぎ、千種川を水源として中継送水する手順を訓練した。また、新たに配備された簡易無線を使った通信も確認した。

 消防団事務局によると、コロナ下で過去2年は恒例の操法大会が中止となったこともあり、訓練の機会が減少。2年ぶりの大規模訓練となった今回は、現場経験の少ない若手団員の育成に重点を置いたという。

 長年消防団活動に励む父に続き、今年3月に第1分団に入った加里屋の会社員、上村颯斗(はやと)さん(20)は「ポンプ車から水を出すことからホースの片付けまで、まだまだ覚えないといけないことが多いと思いました。もっと訓練して、いざというときに役立てるようになりたい」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年6月4日号(2464号) 3面 (9,638,423byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←とんび(10/04)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←ggrks(10/04)
  • 《市民病院医療事故多発》スタッフから「ボイコット」後も手術←赤穂市民(10/04)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合