忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会子供
  3. 記事詳細

赤穂市の子ども人口 24年連続減

 2022年05月01日 
 赤穂市の3月末時点の人口統計で、市内の子ども(15歳未満)の数は前年同時期から161人減少して5037人(男2647人、女2390人)。市の総人口(4万5754人)に占める割合は11・0%となった。

 市の記録によれば、市内の15歳未満人口が最も多かったのは1978年度の1万2516人で、当時の総人口(5万1146人)に占める割合は24・5%だった。その後は、微増した1997年度を除いて減少が続き、今年で24年連続の減少となった。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年4月29日号(2460号) 2面 (10,585,646byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

数年住んでいました。子どもが小さいうちは、海も山もある自然の環境が良いと思いました。しかし子育て支援に関しては、全然だったと感じます。「赤穂に(助けてもらえる)血縁関係のある人がいる」こと前提なので、外から来た者にとっては「?」と感じることが多々ありました。

11  3

投稿:過去の住民 2022年05月09日

兵庫県下では、明石市が子育てしやすい町として人口増加に成功しているようです。
現状こんなに子どもが少ない田舎町赤穂で待機児童の問題は解消されていません。保育士さんたちの働き方改革も進んでいるのでしょうか? お金だけ配っても継続的な支援策がなければ若い世代の移住は期待できません。色んな町の支援策を勉強していただきたいです。やり方が古いと感じます。

22  5

投稿:こども人口 2022年05月03日

子供が少ないは、地域の存続に危機感を持ちますね。安心して子育て支援できる環境整備が大事ですね。

22  3

投稿:人口減少 2022年05月02日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←K(06/25)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←赤穂民報(06/24)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←匿名(06/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合