忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会ボランティアペット
  3. 記事詳細

地域猫活動 クラウドFで支援募集

 2022年01月15日 
市内で確認された野良猫=同会提供
 飼い主のいない猫に不妊手術を施して元の場所で適切に飼育管理する「地域猫活動」を進めようと、「赤穂の野良猫を地域猫にする会」(土居裕二会長)がインターネットで寄付を呼び掛けるクラウドファンディング(CF)で活動費を募っている。

 兵庫県動物愛護センターによると、猫は年に複数回の繁殖期があり、一度に2〜6頭の子猫を出産。生まれた猫は早ければ半年も経たずに繁殖可能となるため、「1頭から1年で80頭まで増える」との試算もある。

 これらの猫は栄養失調や病気、交通事故や獣に襲われて命を落とすことも多いほか、糞尿や鳴き声で住民から疎ましく思われるなど、幸せとは言えない過酷な環境で生きている。地域猫活動は、野良猫を捕獲して去勢・避妊手術を行い、元の場所に戻して一代限りの命をまっとうさせ、不幸な猫を生み出す連鎖を食い止める取り組みだ。

 同会によると、活動を始めた昨年8月以降、市内で把握した野良猫は確認できただけで130頭。野良猫同士だけでなく中外飼いされている猫とも交配で生まれた猫や、心ない飼い主によって捨てられた猫も含まれる。このうち、12月20日までに67頭を捕獲。まだ野良化していなかった13頭は里親が見つかる可能性があるため保護し、残り54頭を地域猫とした。

 野良猫の不妊手術費用を助成する自治体もあり、近隣では姫路市、備前市が助成制度を導入している。しかし、赤穂市にはまだ制度が整備されておらず、捕獲や手術に要した費用は住民や個人ボランティアが善意で負担しているのが現状だ。

 寄付は2月15日までCFサイト「キャンプファイヤー」で募集。1口2000円以上で猫のアート作品や赤穂特産の牡蠣などを返礼品として贈る。すでに初期目標の100万円を突破。手数料や返礼品代を除いても約60頭を捕獲・手術できるといい、さらに賛同を募っている。

 同会は「行政の助成制度ができるのを待っているうちにも、新たな野良猫が生まれてしまう。不幸な猫を増やさないために協力をお願いします」と呼び掛けている。問い合わせはメール(ako.noraneko.chiikineko@gmail.com)。
<前の記事


関連サイト:
■兵庫県赤穂市でこれ以上野良猫を増やさない!私たちのTNR活動を応援してください!(外部サイトへリンク)


掲載紙面(PDF):
2022年1月15日号(2446号) 4面 (10,010,703byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

ボランティアさんの努力だけでなく、行政の力も加えて継続的な活動ができるよう応援しています。

8  2

投稿:るん 2022年01月20日

少しですがクラウドファウンディングに支援させてもらいました。
赤穂の牡蠣が楽しみです。
赤穂が猫が好きな人にも嫌いな人にも住み良い町になるよう願います。

14  1

投稿:愛 2022年01月18日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 牟礼氏が市政報告会「今後も市政運営したい」←赤穂民報(08/14)
  • 牟礼氏が市政報告会「今後も市政運営したい」←赤穂民報様(08/14)
  • 重症化リスク低い2〜59歳の有症状者に抗原検査キット←市民(08/14)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合