忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

断水の和歌山市へ給水応援派遣

 2021年10月05日 
和歌山市での給水応援へ出発した給水車
 赤穂市は5日、水管橋の崩落で大規模な断水が続いている和歌山市からの要請を受け、給水車1台を派遣した。10月11日まで活動する。

 和歌山市では今月3日、紀の川にかかる「六十谷(むそた)水管橋」が破損して一部が落下。市北部の約6万世帯で断水が生じ、公益社団法人日本水道協会を通じて4日に給水応援の派遣要請があったという。

 5日朝、大黒武憲・上下水道部技術担当部長ら職員4人が先遣車と加圧給水車(容量1・5トン)で中広の下水管理センターを出発。現地の浄水場で水を補給した給水車に水栓6口を取り付け、給水活動にあたる。2泊3日ずつ職員を交替して計7日間の活動を予定している。

 出発式で牟礼正稔市長は「大変暑い中での活動になるが、体調に気を付けて頑張ってほしい」と激励。第1班として車に乗り込んだ給水係の吉水宏和現場長(53)は「和歌山は十数年前に家族で観光に行って以来。少しでも早く現地のみなさんにライフラインを提供したい」と意気込んだ。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年10月9日号(2434号) 2面 (4,176,368byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

今まで考えたことが無かったですが、赤穂の水道管は大丈夫でしょうか。

12  1

投稿:てっちゃん 2021年10月08日

給水車来てくれてありがとう
助かっています

19  1

投稿:わかやまのひと 2021年10月08日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合