忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

60年以上続く駅の生け花ボランティア

 2021年07月17日 
JR播州赤穂駅で60年以上にわたり生け花ボランティアを続ける赤穂市華道連盟のみなさん
 加里屋のJR播州赤穂駅の改札口前に生け花の展示ケースがある。赤穂市華道連盟の会員らがボランティアで作品を展示。60年以上の長きにわたり、乗降客の目を和ませている。
 同連盟に加盟する各流派の指導者5人が10日単位で持ち回りで展示を担当。季節の植物を使った作品を飾っている。赤穂市文化協会設立20周年記念誌『あこうの文化』によると、1961年に発足した同連盟の前身である「赤穂駅生花協力会」によって始まった活動とみられる。
 「旧駅舎のときは切符売り場の横に展示ケースがあってね。当時は会員数も多く、当番が回ってくるのは半年に一度くらいでした」と萩原茂洲会長(82)=木生谷=。駅舎の橋上化に伴って現在の場所に移り、展示ケースを新調した。親子2代にわたって奉仕を続けている会員もある。
 現在は50日ごとに当番が回り、担当期間中は水換えのためほぼ毎日駅を訪れる。途中で少なくとも1回は生け替え、花がしおれやすい夏場は2回生け替えることも。「花を生けていると、『いつも見せてもらっています』と声を掛けてくれることもありまして。それが励みになっています」という。
 萩原会長は「会員の高齢化が進んで、いつまで続けられるかわかりませんが、できるだけ長く続けたい。駅を利用される方々の心の癒しになり、花を愛する人が増えればうれしい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年7月17日号(2425号) 1面 (9,672,281byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合