忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ子供
  3. 記事詳細

越境ペア 軟式テニス近畿大会へ

 2021年06月26日 
赤穂ジュニアソフトテニスクラブから13年ぶりとなる近畿小学生選手権に出場する豆崎利恩さん(右)とパートナーの安田芽咲さん
 少子化による部員数減少の中、他クラブの部員とパートナーを組んだ赤穂ジュニアソフトテニスクラブの豆崎利恩(りおん)さん(11)=赤穂小6年=が5月の兵庫県小学生選手権でベスト8に入り、同クラブから13年ぶりとなる近畿大会出場を決めた。
 昨季までペアを組んだ一学年上の姉の夢恩(ゆおん)さんが卒業。新しいパートナーを探していたところ、龍野ジュニアから「うちの部員と組んで大会に出場しませんか」とオファーがあり、安田芽咲(めいさ)さん(12)=太子町立太田小6年=とのクラブの壁を越えたペアが誕生した。
 今年1月に顔合わせしてすぐの練習試合は8戦全敗。3月の公式戦では予選リーグは突破したものの、決勝トーナメント初戦で敗れた。平日は各自の所属クラブで練習するため、2人一緒の練習は週末のみ。コミュニケーション不足で互いに力が出せていなかった。悔しくて泣いていると、松崎勝コーチ(59)=若草町=から「パートナーを思いやる気持ちを」と諭された。
 それからは練習中から積極的に声を掛け合うようになり、練習以外でもSNSで頻繁に連絡を取り合うようになった。「芽咲はコースをしっかり狙って打ってくれる」(豆崎さん)。「利恩は思い切り攻めるプレーが得意」(安田さん)。互いの長所や性格がわかり合えてきたことでコンビネーションが良くなった。
 「一緒に練習する機会が少ないので心配もあったが、2人が目に見えて成長していることがすごくうれしい」と松崎コーチ。近畿大会(7月10・11日、堺市)はペアで戦う個人戦のほか、県代表で団体戦にも出場する。豆崎さんと安田さんは「一つでも多く勝てるように力を合わせる」と、さらにチームワークを高めて勝利を目指す。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年6月26日号(2422号) 4面 (7,070,452byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6 7

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←かわいそう(12/07)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←仲間(12/06)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←赤西(12/05)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合