忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. コラム「陣太鼓」
  3. 記事詳細

コラム【陣太鼓】「ワクチンは夫婦別の日に」の理由は

 2021年06月05日 
 ▼新型コロナウイルスワクチンの接種が進んでいる。米ファイザー社の海外での臨床試験では接種後7日以内に副反応があった人の割合(かっこ内は2回目)は、「38度以上の発熱」3%(14%)、「筋肉痛」18%(34%)、「頭痛」35%(46%)、「疲労」42%(56%)などとなっている。
 ▼いずれも2回目の方が数値が高い。厚生労働省によると、年齢が上がると頻度が低く、男性より女性の頻度がやや高い傾向がある。接種から3日ほどで症状が軽減するケースが多いという。
 ▼優先接種した医療従事者の何人かに話を聞くと、「接種した方の腕が痛くて上げられなくなった」「注射した場所を下にして寝られなかった」という声が多かった。
 ▼日本感染症学会はコロナワクチンに関する提言書で、「1回目の接種部位に著明な局所反応を認めた場合、2回目は反対側に接種することも可能」としている。1回目は利き腕に、2回目を反対側に接種するのが無難かもしれない。
 ▼接種後に倦怠感で寝込んだという人もあるので、夫婦や家族で接種日を分けるべきというのもうなずける。会社勤めの人は週末を体調の回復に充てたいと考えるのではないか。
 ▼赤穂市でもいずれ65歳未満への接種が始まるが、例えば木曜日や金曜日の夜に重点的に接種枠を設けることはできないものか。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年6月5日号(2419号) 1面 (6,435,561byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←かわいそう(12/07)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←仲間(12/06)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←赤西(12/05)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合