忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

聖火つないだ大川さん「熱意感じた」

 2021年05月25日 
東京オリンピック聖火リレーイベントに参加した大川裕司さん
 東京オリンピック聖火リレーの代替セレモニーが23日、姫路市本町の姫路城三の丸広場であり、公募で選ばれた塩屋の会社員、大川裕司さん(48)が参加した。
 兵庫県内の聖火リレーはコロナ禍による緊急事態宣言発令に伴い公道リレーは中止。姫路城会場ではランナー82人が走らずに順番に聖火を受け渡すトーチキス方式で行われた。
 「セレモニーが行われるのかどうか不安だった」という大川さん。主催者からの正式な連絡は開催2日前までなく、感染拡大防止のため観覧人数はランナー1人につき2人に制限された。「家族にも見せられない聖火リレーなんて」と一時は参加を迷ったという。
 「でも、会場に着いたら、スタッフのみなさんの『セレモニーを絶対に成功させるんだ』っていう熱意がすごく伝わってきて。それで気持ちが晴れました」
 大川さんは、この日のためにユニフォーム柄に合わせて新調したシューズをはいてステージに登場。聖火を受け取ると、トーチを手に好きな野球にちなんでバッティングのポーズを決め、さらに地元の祭りで演じる鼻高の舞を披露した。帰宅後は家族みんなで録画を見て、笑い合ったという。
 「思い描いた理想の形ではなかったけれど、参加して良かった」と振り返り、「オリンピックも『やって良かった』と思えるようにするには、しっかりとした感染防止対策が必要。選手が競技に集中できるようにしてほしい」と話した。
 聖火ランナーは、自分が使用したトーチを実費(約7万2千円)で引き取ることができ、大川さんは迷わず購入。「今年の赤穂シティマラソンが開催されるのなら、トーチを持って走りたい」と考えている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年5月29日号(2418号) 2面 (5,782,194byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←猫好き(12/07)
  • 義士祭へ向け東映剣会が殺陣稽古←早いな…(12/07)
  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←(12/03)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合