忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史お知らせ
  3. 記事詳細

八幡宮が神輿の担ぎ手募集

 2015年08月08日 
52年ぶりに神輿を担いだ昨年の神幸式
 赤穂八幡宮(中村良廣宮司)は300年以上続く秋の例祭「神幸式」で神輿の担ぎ手を初めて公募することをこのほど決定した。
 神幸式は最も古い記録で寛文元年(1661)に行われている伝統行事。獅子舞と頭人行列はそれぞれ県、市の無形民俗文化財に指定されている。
 担ぎ手不足で昭和38年以降は神輿を台車に乗せ、約300メートル離れた御旅所を往復。昨年の秋祭りで52年ぶりに氏子ら十数人で担ぎ上げたものの、300キロを超える重量があるとされる神輿を支えるには人数が少なく、鳥居前を一周するにとどめた。
 「どうせなら、御旅所まで神輿を担ぎたい」と昨年の経験者たちから声が上がり、神社と関係者が協議。「尾崎地区限定」を条件に担ぎ手の公募に踏み切った。
 昨年の担ぎ手の一人で、今年は神輿巡行委員長を務める松原町の会社役員、霜野昭徳さん(39)は「昨年は短い距離だったにもかかわらず、観客からとても喜んでもらえた。今年は御旅所まで担ぎたい」と意気込む。同神社権禰宜の中村彰伸さん(34)は「神輿は頭人行列、獅子舞とともに尾崎の祭りの華。祭りを盛り上げるために力を貸してほしい」と呼び掛けている。
 20〜40歳の男性を対象に8月31日まで20人を募集。9月5日(土)夜に説明会を開き、10月18日(日)の本宮へ備える。同神社Tel42・2268(13時〜19時)。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年8月8日・第1部(2147号) 1面 (10,310,003byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6 7 8

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合