忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史お知らせ
  3. 記事詳細

郷土の愛着込めた切り絵集

 2008年01月19日 
発刊した切り絵集を手に坂越への思い入れを語る佐方直陽さん。後ろにあるのが作品例
 坂越の元中学校長、佐方直陽さん(76)が喜寿記念に趣味の切り絵作品を一冊にまとめた「美しき坂越」(A4判カラー、77頁)を自費出版。過去の作品から特に思い入れのある90点を収録し、どのページにも趣味の領域を超えた佐方さんの労作を見ることができる。
 佐方さんが切り絵制作を始めたのは定年を間近に控えたころ。姫路で切り絵展を見たのがきっかけだった。最初は「一度やってみようか」と気軽な気持ちだったが、やっていくうちに魅力にとりつかれ、いつしかライフワークになった。
 赤穂城、旅先の風景などこれまでに手がけた作品は大小合わせて約200点を数えるが、その大半を占めるのは「愛する坂越の風景」。町並み、港、寺社、祭りなど興味を持った対象に何度も足を運んでじっくり観察し、「最も絵になる」構図をカメラで撮影する。拡大コピーした写真を下絵に「できるだけ細かく、詳しく、緻密に」カッターナイフで黒紙を切り出し、水彩絵の具で着色したオリジナルの色紙を裏からあてて完成。色彩豊かな作品はモノトーンが多い切り絵の枠を超えた美しさがある。これらの制作技法はすべて人から教わったものではなく、自分で工夫した。
 生まれは鳥取県。地元の国立大を卒業して教員を志望し、「水泳の指導ができることを買われて」坂越小に赴任してから50年が過ぎた。「歴史と自然が豊かなまち」への愛着は年々深まり、切り絵の構図を探すうちに今では人一倍強くなった。
 作品集の題名には「気高いまでに立派な風景と気品あふれる町並みを誇る坂越には『うるわしき』がより適切」との思いを込めた。古い作品には現存しない建造物が往時の姿をとどめているものもあり、移り変わりゆく郷土の記録史料としての側面も備えている。
 「まちが新しく便利になるのはうれしい反面、堪え難いさびしさも感じる」と佐方さん。「せめて切り絵の中に古き良き坂越を残したい。作品を見た人にこのまちのすばらしさが伝われば」と話している。
 350部発行。希望者には坂越まち並み館(Tel48・7770)で1部2500円で頒布している。また、発刊を記念して同館で2月4日(月)まで作品展を開催している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2008年1月19日(1775号) 1面 (6,705,997byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院 経営改善検証委のメンバー決定←taka(05/21)
  • 飼い主いない猫の不妊手術費助成導入 西播磨で初←猫苦手です(05/17)
  • 飼い主いない猫の不妊手術費助成導入 西播磨で初←市民(05/16)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合