赤穂民報

メニュー 検索

川柳赤穂吟社の創立世話人 大上三穂子さん死去

2020年08月07日

 川柳赤穂吟社の創立世話人で「赤穂民報川柳」の選者を務めた加里屋の大上三穂子さん=本名尚子(たかこ)=が6日、盲腸がんのため市内の病院でなくなった。81歳。
 大上さんは賢明女子学院短大の図書館司書として勤務するかたわら、「時の川柳社」同人となり、1991年に句集『紫野』を上梓。2011年には川柳赤穂吟社の前身となる「赤穂川柳講座」を創設した。昨年3月から今年3月まで「赤穂民報川柳」の選者を務めた。
 茶道、華道、香道にも通じ、日本の古典文様「源氏香図」のコレクターでもあった。
 通夜は7日午後6時、告別式は8日午前11時から、いずれも「赤穂大和会館」(海浜町1、Tel43・5969)。


文化・歴史お知らせ ]

関連サイト:

【関連記事】初中級者向け川柳講座が開講

【関連記事】「源氏香図」のコレクションを京都で展示


コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要