忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 読者の声
  3. 記事詳細

【読者の声】“不自然”感じた電気工事入札

 2014年10月18日 
赤穂海浜スポーツセンターをめぐる電気工事入札の経緯
 8月8日に開札された「赤穂海浜スポーツセンター電気施設整備工事」の入札なのですが、市内の電気工事会社3社が参加した結果、8200万円でA社が落札。残り2社の入札額はB社8300万円、C社8390万円でした。
 ところが、この前月の7月11日に開札された「赤穂海浜スポーツセンター電気設備工事」にも同じ3社が応札しており、このときの入札額はA社5500万円、B社5260万円、C社5950万円で、いずれも最低制限価格(6300万円)を下回って失格していました。予定価格は8400万円でした。
 これら2件の工事は名称こそ微妙に異なりますが、7月に不調となった工事に「防犯カメラ5台」が追加されただけで、あとは同じ工事概要でした。にもかかわらず、A社は2700万円、B社は3040万円、C社は2440万円を上積みしています。「防犯カメラ5台」の工事が増えただけなのに、あまりにも増額幅が大きく、大変不自然に感じます。
 各社が5000万円台で請け負えると見積もった工事に6300〜8400万円を見込んだ市の積算も疑問です。いずれにしても、今回の入札が適正だったとは到底思えません。(一市民)
   * * *
 公表されている工事概要によると、問題の入札は平成27年度の早い段階での供用開始を目指す「赤穂海浜スポーツセンター(SC)」のナイター照明、街路灯、放送設備などを整備するもの。投書主の指摘のとおり、2件の違いは附帯工事として「防犯カメラ5台」があるかないかだけ。設計を担当した都市整備課公園街路係も「防犯カメラ以外は同一」と認めている。赤穂民報が情報公開請求で入手した工事費内訳書によると、防犯カメラに係る設計額は、およそ150万円だった。
 入札業務を所管する市契約管財課によると、いずれの入札も赤穂市内に本店、本社がある事業者を対象とする「郵便応募型条件付き一般競争入札」(以下、郵便入札)で行われ、「電気工事の総合評定値が750点以上」であることなどを応募資格要件としていた。
 市の実施要綱では、入札が不調になった場合は1回を限度に再度入札が可能だが、1回目の入札で最低制限価格を下回った事業者は失格となり、再度入札に応募できない取り決め。今回のケースでは失格した3社以外に要件を満たす業者がなかったため、(1)市外の業者を対象にした指名入札(2)設計を変更して別件の郵便入札−のどちらかの対応を迫られ、市は「市内業者の育成」を考慮して後者を選択したという。
 2件目の予定価格は8560万円、最低制限価格は6590万円で、落札率は95・8%だった。市契約管財課は取材に対し、「(2件目の入札は)結果的に、予定価格と最低制限価格を容易に類推できるおそれがあったことは否めない」としつつも、「入札は条例と規則に基づいて適正に行われており、問題はない」と話している。
 ▼都市整備課公園街路係の話=「指摘の2件の入札は、それぞれ異なる別の工事。競争原理は働いている」
 ▼工事を落札したA社の話=「1件目のときは書類だけで積算して入札した。2件目の入札の前に初めて現場を確認し、防球ネットや人工芝がすでに設置されていて工事が容易でないことがわかり、入札額に反映させた。業者間で相談などしていない」
 ◆予定価格と最低制限価格=予定価格は発注者が事前に設定する落札上限額で、これより高い入札額だと落札できない。最低制限価格は極端な低入札価格による受注を防止して工事の品質を確保するためのもので、これを下回ると失格となる。赤穂市は郵便入札については導入した平成18年以降、予定価格を公告の時点で公表していたが、「適切な積算を行わずに入札するなどの弊害が生じかねない」として、今年4月から事後公表に変更した。
   * * *
赤穂民報より
 市内業者を優先する考えには賛同しますが予定価格や最低制限価格を簡単に予測されないように工事を分割するなど努めるべきだったのではないでしょうか。事業者には、不正がないか目を光らせている市民がいることを心してほしいと思います。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2014年10月18日(2108号) 1面 (11,044,737byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

兵庫県の県議員達や和歌山でも市議会議員の不正などが明るみになっています。赤穂市議会も調べてみてはいかがですか?長い間赤穂市で議員をしていた方がなぜかお金持ちになったりとか、身内の就職を助けたりとか、なんだか色々ありそうな気がしますが、、。

そう思う 0

投稿:通りすがり 2014年10月24日
水田活用交付金の不正の件はどうなった?

そう思う 0

投稿:佐藤 継介 2014年10月22日
2件目の入札でB社とC社も大幅に増額したわけですがどういう理由だったんでしょう。A者と同じ理由なら、税金を使ってこんな大きな金額の工事をするのに現場も確認せずに積算していることがよくわかりません。市役所も適切な積算を行わずに入札する弊害を生じさせないよう取り組んでおられるのは結構なことですが、市内業者を育成することを考慮しているのですから、普段から現場を確認してから入札するよう業者に対してよく指導しておいてほしいものです。
競争原理は働いているとおっしゃいますが、市民としては、150万円追加しただけで2700万円も増えて結果的に何か大損したような気分になります。このような不自然さを感じさせてもしかたのないような入札結果に対して、この工事の契約決定権者はいったいどのような気分だったんでしょうか。

そう思う 0

投稿:何か大損したような・・・・ 2014年10月19日
10円単位の金額まで最低制限価格にピッタリ合ってる業者や
ある業種の入札だけがいつも高値で落札されたりとか
本腰入れて調べりゃまだまだいっぱいある様に思うわ・・・
役所も業者も今一度『税金』の在り方を考えるべき

そう思う 0

投稿:なんだかんだ言っても・・・ 2014年10月18日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺