忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「曳きとんどを後世に」報告書とDVD

 2014年04月21日 
「伝統の曳きとんどを後世に伝えたい」と報告書、DVDを中心になって作成した佐方直陽さん(左)と田川英生さん
 今年1月に昭和60年以来29年ぶりに地域の小正月行事を復活した「坂越鳥井町曳きとんど実行委員会」(永石正勝会長)は、行事の関連資料を網羅した報告書をこのほど刊行。練習から当日までの記録映像を編集したDVDも制作した。永石会長は「次回開催の参考資料として活用してほしい」と話している。
 報告書(A4判90ページ)は『坂越鳥井町曳きとんどの記録』のタイトルで実行委副会長の元中学校長、佐方直陽さん(83)が編集した。約250年前から口伝されてきた音頭の歌詞と三味線の譜面を収録。当日の人員配置図、実行委の事務文書類も余すことなく一冊にまとめた。地元のアマチュア写真家、濱本陸志さん(67)が撮影した記録写真約25点はカラー掲載した。
 DVDは29年前の前回もビデオ撮影を担当した元小学校長の田川英生さん(63)=御崎=が受け持った。当日は長男の智教さん(36)も協力してカメラ2台で撮影。地元の人たちもほとんど見たことのない大避神社での採火式の様子も収めた。合同練習と事前準備を含めて延べ10時間分に及ぶ映像を53分間に集約した。
 市教委によると、同行事が行われたのは戦後5回目。これまで鳥井町住民だけで構成していた運営組織を今回初めて坂越地区全体に広げたこともあり、「伝統を後世に継承するためには口伝えではなく、活字や映像で記録を残すことが不可欠」と、実行委発足段階から資料を蓄積してきたという。
 佐方さんは「精魂込めて作成した。これで肩の荷が下りた」と晴れやか。田川さんは「29年前よりも撮影機材の性能が向上し、鮮明な音声でわかりやすい映像にまとまった」と胸を張った。次回の開催は未定だが、「いつの日か、この報告書とDVDが役立ってほしい」(佐方さん)と願っている。
 報告書は80部印刷し、市内各公民館、市立図書館などで閲覧できる。DVDは希望者に実費(2500円)で頒布する。問合せは佐方さんTEL48・8202。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2014年4月26日(2085号) 1面 (10,654,336byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺