忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

「ゴールボール」のチーム誕生

 2014年04月02日 
赤穂初のゴールボールチーム「じんたくん」を結成した=右から=目木さん、大河内さん、西山さん
 鈴が入ったボールを目隠しして投げ合い、相手ゴールを狙うスポーツで、視覚障害の有無にかかわらず楽しめる「ゴールボール」を赤穂でも広めようと、市内在住の視覚障害者3人がチームを結成。メンバーを募集している。
 ゴールボールはもともと視覚障害者の訓練プログラムとして考案。1976年にパラリンピックの正式種目に採用され、2年前のロンドン大会では日本女子代表チームが金メダルを獲得した。
 赤穂で初のチームを発足させたのは、尾崎の目木伸幸さん(50)、大津の大河内健一郎さん(50)、西有年の西山毅さん(46)。専用の競技用ボールがなければプレーできないため、これまでは姫路まで行く必要があったが、兵庫県ゴールボール協会からボール1個を借り受けることができ、今年1月から地元の体育館でも練習が可能になった。チーム名は赤穂の観光マスコットにちなんで「じんたくん」とした。
 ゴールボールは1チーム3人の競技。試合形式の練習を行うにはメンバーがあと3人必要だ。プレーヤーは「アイシェード」と呼ばれるゴーグルで視界を完全に遮って競技するため、視覚障害者と晴眼者が一緒に出場できる大会もある。目木さんは「鈴の音にうまく反応して相手のボールをブロックできたときがおもしろい。ぜひ一度体験してみて」と呼び掛けている。
 練習は毎月第1土曜の午後1時半から加里屋中洲の赤穂地区体育館。ただし、4月は6日(日)午後1時半からさつき町の尾崎地区体育館で行う。体験、見学の問合せは赤穂ボランティア協会TEL42・3211。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2014年4月5日(2082号) 4面 (9,189,908byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺