忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「義烈行」合唱、元高女生らが呼び掛け

 2014年04月02日 
「義烈行」の楽譜
 元禄赤穂事件の叙事詩歌で今から約70年前に赤穂高等女学校で歌われた「義烈行」(松井利男作詞、北原雄一作曲)を同校の卒業生たちが「春の義士祭」(4月13日、赤穂大石神社)で奉納合唱することになった。同校OBの女性らが当時の級友に参加を呼び掛けている。
 「義烈行」は同校教諭が詞曲を手掛けて昭和18年までに完成。終戦後はGHQの言論統制で歌えなくなったが、当時の女学生にとって「心に残る思い出の曲」だという。歌詞の冊子の存在が判明した昨夏以降、OBの間で「もう一度みんなで歌いたい」という機運が高まり、女人義士行列も繰り出す「春の義士祭」での奉納合唱が決まった。
 当日は午前11時半に同神社拝殿前に集合。御崎高齢者大学コーラス部有志も加わり、正午ごろから斉唱する。呼び掛け人の一人で19回生の船曳和子さん(85)=中広=は「一人でもたくさんで歌って、女学校時代の思い出を振り返りたいです」と話している。
 4月10日(木)には中広の赤穂市文化会館ハーモニーホールで午後1時半から練習会がある。参加自由。TEL42・2907(船曳さん)。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2014年4月5日(2082号) 3面 (9,189,908byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺