忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

インド人シェフから本場の味

 2014年03月01日 
インド人シェフから本場の味を教わった料理教室
 料理を通して異国文化に触れる「ふれあい交流会 世界の料理教室〜インド編〜」(赤穂市国際交流協会主催)が1日、加里屋中洲の赤穂市民会館で開催され、家族連れや主婦など約40人がカレー作りを体験した。
 講師はプラット赤穂2階のインド料理店「メーラーサプナー」の料理長で来日7年目のマネンダル・シング・ベーターブさん(32)。チキン、豆のカレー2種をメーンに作り方を教わった。妻のタヌージャさん(24)、オーナーの相原和彦さん(51)もサポートとして参加した。
 味付けの決め手となるスパイスはガラムマサラ、コリアンダーなど5種類を調合。鍋から立ちこめる香りが食欲をそそった。香辛料と一緒に炊き上げたサフランライス、水で練ったインド産小麦粉を丸いクレープ状に焼いたチャパティにつけてピリリとした辛みのあるおいしさを味わった。
 参加者全員にお土産としてスパイスの詰め合わせがプレゼントされ、カレー作りに凝っているという御崎の会社員、堀景一さん(39)は「スパイスの組み合わせが参考になりました。家でも再現したい」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2014年3月21日(2080号) 3面 (8,903,086byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

ぼくも参加しました。
玉ねぎぎのみじん切りは、とっても目がいたかったです。
チキンカレーがおいしかったです。

チャパテーは、粉からコネコネして、のばして焼きました。
楽しかったし、もっちりしてとってもおいしかったです。
また食べたいです。
投稿:小学4年男子R 2014年03月01日
赤穂キッズクッキングなんか、したらどうですかね。料理上手な人が、増えるといいですね。
投稿:料理教室 2014年03月16日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数検討「今年度中に結論」←市民(12/07)
  • 内匠頭切腹の地ゆかり「田村銀杏稲荷」再建←堤 貴恵(12/07)
  • 「産廃処分場は『環境犯罪』SNSで発信を」←よく考えて(12/06)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中