忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会ボランティア
  3. 記事詳細

今年は何色?「幻の天守閣」

 2013年10月27日 
子どもたちも電球配線を手伝った「幻の天守閣」の窓枠づくり
 「忠臣蔵ウイーク」(12月7日〜14日)の期間中、上仮屋の赤穂城跡本丸で点灯されるイルミネーション「幻の天守閣」の準備作業が27日、加里屋まちづくり会館であり、ボランティアを含む約35人が窓の部分になる木枠に電球コードを配線した。
 「幻の天守閣」は「義士も夢見たであろう天守閣を平成の世に」と赤穂青年会議所が建設足場用鋼管で組み上げた骨格に電球を配し、平成19年に2層で設置したのが始まり。3年前からは5層となり、市民と観光客の注目を集めている。
 「市民にも一緒になって盛り上げてほしい」と今年初めて親子ボランティアを募ったところ、6歳から11歳までの親子約10組が集まった。LED電球約200個が付いたコードを一枠につき一本配線。木枠はイルミネーションの光を美しく見せるためにすべて黒くつや消し塗装しており、電球コードも黒い紙テープで巻き付けた。約2時間半の作業で全体の半分となる約30枠を完成させた。
 7歳から毎年、地区の子どもみこしで赤穂義士祭の「忠臣蔵パレード」に参加しているという加里屋の小学4年、山本涼矢君(10)は「自分が作った窓枠が明るく光るのを見に行きたい」と出来上がりを期待していた。
 「幻の天守閣」の電球色は、一昨年は白で昨年は赤だった。実行委は「今年、何色の天守閣になるかは当日のお楽しみ」と話している。
<前の記事

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中