忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会子供
  3. 記事詳細

いじめ第三者委が最終提言

 2013年10月27日 
浅野良一委員長(左)から池本芳文・教育委員長へ手渡された最終提言書
 赤穂市内の中高生による暴力事件を受け、再発防止策を検討してきた第三者委員会が最終提言書をまとめ、27日に池本芳文教育委員長へ提出した。
 教育委員会と学校、児童生徒や保護者、地域社会などへ約60項目を提言。浅野良一委員長(兵庫教育大院教授)は「提言を踏まえた取り組みを実践し、学校の力を高めてほしい」と要望した。
 昨年9月に設置された第三者委の提言は今回が第3次。昨年10月の1次提言、今年4月の2次提言を含む総括提言とし、新たに20項目を追加した。
 新たな追加提案では、市教委に対し、「取組の公開と指導助言の充実」を要求。学校に「具体的で外部から見える対策」「子どもを生かす取組の創造」「分かる授業づくり」などを求めるとともに、教師にとっての喫緊の課題としても「授業力の向上」を掲げた。
 「赤穂市の子どもたちへ」の項目では児童生徒へのメッセージを掲載。「自分たちの力を信じよう」「人の幸せを素直によろこべる人になろう」「インターネットや機器を正しく使おう」など5つのテーマで呼び掛けている。
 また、第三者委設置の端緒となった事件についての「振り返りと考察」も盛り込んだ。
 それによると、加害少年の共通点として▽心の安定を図る居場所がない▽自分の存在が認められる機会がない▽学校との関わりに強い絆がない−と列記。「不良行為を共有することで、自分の存在を確認していたのだと思われる」と推測した。
 その上で、「授業は、学校が一番時間と労力をかけなければならない児童生徒の『居場所』であるべき」と、授業の重要性を指摘。「学力保障と分かる授業づくり、望ましい集団づくりに教師が専念できる条件整備と体制づくり」が必要と述べている。
 最終提言書はA4判36ページ。当初は8月中に取りまとめるとしていたが、約2カ月遅れとなった。この点について、浅野委員長は「第三者委員会の不手際。手間を必要以上にかけてしまった。内容的に紛糾したわけではない」と釈明した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2013年11月2日(2060号) 1面 (10,621,776byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数協議「現状維持」が大半←自治会員(01/26)
  • 【社説】赤穂市議会の「真摯」に注目する←改革派(01/25)
  • 議員定数協議「現状維持」が大半←一自治会員(01/25)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中