忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会子供
  3. 記事詳細

21日から「トライやる・ウィーク」

 2013年10月19日 
 中学2年生が就業体験を通じて自立性を高める「トライやる・ウィーク」が10月21日(月)から始まる。市内5校の計501人が5日間の日程で体験する。
 平成10年度に始まり、今年で16回目。赤穂市、上郡町の公共機関や飲食店、コンビニ店など約130事業所が25日(金)まで生徒を受け入れる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2013年10月19日(2058号) 3面 (8,116,744byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

学生なら、わざわざ職業体験せんでも勉強やっときゃええのに…
投稿:学生のホンブンとは勉強 2013年10月24日
受けいれも結構負担なんよね・・・。
人も時間も取られるし。
学校の丸投げ感たっぷり!
投稿:社会貢献の名の元に 2013年10月24日
まぁ〜 いろんな意見を堂々と頑張る子供の前で、発言する大人がいるものだと感心させられました。ありがとうございます。
投稿:匿名だからでしょうが・・・ 2013年10月24日
頑張っている子もいる反面、気だるそうにこなしている子がいるのも事実
ある場所で見かけましたが、とても職場体験しようとゆう姿勢ではなかった

全員が強制でするのではなく、目標があってやってみたいなと思う生徒だけで実施する方が良いのではないでしょうか
受け入れる側としては(私の事業所では受け入れてません)、手伝ってもらうために簡単な仕事を選んでやってもらうよりはしっかり社会勉強してもらう方が良い体験になると思う
中学生に何を求めてるんだって、思われる方はそもそもトライやるウィーク自体無くしてしまった方がいいと思う
投稿:一事業主 2019年10月25日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中