忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

高台避難まで訓練拡大

 2013年05月29日 
 元禄橋町自治会(亀井義明会長、438世帯)は26日、南海トラフ地震を想定した防災訓練を行い、住民と警察、消防など計約290人が参加した。津波から確実に身を守ることのできる場所として、御崎の高台にある野外活動センターへの二次避難訓練を試みた。
 初めて実施した昨年は平地にある東浜公園で訓練を終了。反省会で「ここだと津波から身を守れない」と高所への避難を求める意見があり、海抜約30メートルの同センターを目的地に選んだ。
 「東南海、南海地震の同時発生で津波警報が発令」との想定。班長が一世帯ごとに声を掛けて回り、約260人が町単位で最寄りの公園や駐車場に集合。そのうち約7割の参加者が二次避難訓練を希望して徒歩で移動した。
 訓練開始から53分後に避難を完了。亀井会長は「急な坂があるルートにも関わらず、多くの人が二次避難まで訓練に参加してくれた」と防災意識の高まりを歓迎。センターまで約1・5キロの道のりを歩いた櫛田孝司さん(78)=元禄橋町=は「いざというとき、どこへ逃げればよいか具体的にイメージできた。乳幼児連れの親子や歩行が困難な人をどうサポートしていくかが課題」と話した。
<前の記事
[ 尾崎地区 ]  [ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中