忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

伝説題材に絵はがきとストラップ

 2011年12月30日 
相生の和泉式部伝説を基にしたストラップとポストカード
 平安時代の歌人・和泉式部にまつわる伝説を題材にしたストラップとポストカードを「相生・伝承文化を発信する会」(黒田信次会長)が制作。いずれも会員がデザインを担当し、地元の歴史エピソードへの関心を高めようと販売を始めた。
 同会によると、和泉式部と生き別れた娘(後の小式部内侍)を播磨国若狭野村の長者、五郎太夫が養育。後年に同村を訪れた和泉式部が、雨宿りしていたクリの木の下で娘と再会したーとの言い伝えがある。
 ストラップを作ったのは西後明の帽子デザイナー、古橋彩波さん(38)。棒と毛糸で作った手杖、笠のミニチュアで旅姿をイメージ。クリの木にちなんで葉形のスパンコールを結んでいる。ポストカードは▽和泉式部▽小式部内侍▽雨宿りの栗―の3枚セットでいずれも若狭野町入野の仏画絵師、船岡小知代さん(27)が原画を描いた。
 2人は「歴史伝説を知ってもらうことで、相生の地を訪れてくれる人が増えれば」と話している。
 ストラップ300円、ポストカード(3枚入り)200円。「コープデイズ相生」(同市旭)の書店で販売している。問合せは同会事務局TEL22・0308(月岡さん)まで。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2012年1月1日(1973号) 4面 (5,460,312byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺