忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 子供
  3. 記事詳細

児童が赤穂事件の“真相”発表

 2011年12月09日 
 塩屋小学校(元岡明校長)の6年生117人が8日、義士学習の成果の発表を兼ねた観光ボランティアを行った。赤穂城跡や息継ぎ井戸など8カ所に散らばり、学んだ知識を寸劇や人形劇で披露した。
 「義士のまち『赤穂』きみも観光案内人」と題して平成17年度から義士祭前に毎年実施。今年も11月から資料を調べて準備した。「原惣右衛門はなぜ急進派に同調したのか」「寺坂吉右衛門の墓は、なぜ長崎や宮城にもあるのか」など、子どもたちが学習の過程で特に疑問に思った事柄をテーマに選んだ。
 この日はあいにくの雨で観光客の姿はまばら。かっぱを着た児童らは人影が見えると小走りで迎えに行き、うれしそうに発表を始めた。聞き手側も子どもたちの一生懸命な説明に興味深く耳を傾けた。
 観光で来穂した熊本県合志市の高校教諭、小川泰弘さん(34)は「表情や口調から、よく理解して説明していることが伝わってきました。他のスポットでも聞いてみたい」と子どもたちの努力に感心していた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2011年12月10日(1970号) 4面 (9,953,083byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 塩屋地区 ]  [ 子供 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺